男性と女性の薄毛の症状や悩みにはどんな違いがあるの?

男性の薄毛は軽視されがち?

男性の薄毛は軽視されがち?

男性の場合は、体質、ストレス、加齢だけではなく、男性ホルモンの影響により薄毛が発生しやすいという人体の仕組みがあることに対する理解が必要です。

一定の年齢に達すれば薄毛であることが人間としての貫禄や味を表わすと捉えられる傾向もあることから、軽視されがちです。

演劇の世界でも、薄毛の方だからこそ演じられる役もあり、その容姿は、必ずしも負の側面のみであるとは限りません。

しかし、その薄毛が不摂生や過度なストレスに加えて、何かしらの疾患が原因で発生している場合は、身体が深刻なダメージを負っていることを示す重要なメッセージとなります。

解釈すれば、それらをきっかけに、生活習慣の見直しや、医師に相談してみるなど、何らかの対応を考えることも大切です。

女性は薄毛になりにくいの?

女性は薄毛になりにくいの?

薄毛といえば男性に多いイメージですが、実は女性でも悩んでいる人が少なくありません。ですが女性が男性に比べて薄毛になりにくいのは、エストロゲンの量の違いと言われています。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは髪の毛の成長を促進し、コラーゲンを作ることで毛を抜けにくくする働きをしています。なので男性よりもエストロゲンの分泌が多い女性は比較的薄毛になりにくいのです。

しかしエストロゲンが減少すると女性でも薄毛になってしまいます。エストロゲンが減少する原因には加齢やストレスなどがあります。

そして過度なヘアケアが原因の一つになることもあります。薄毛にならないためにはヘアケアの仕方や生活習慣を見直すことも必要ですね。

男女で薄毛の進行の仕方が違う?

男女で薄毛の進行の仕方が違う?

薄毛は男女で進行の仕方が異なり、男性のほうがツルツルになる可能性は圧倒的に高いです。これに対して女性は全体的に細く弱々しい髪になるのが特徴で、急激に進行することはありません。

男性は生え際、頭頂部、前頭部などが薄くなることが多く、それ以外の部位とのボリュームがハッキリと分かれてきます。そのためAGAだと診断しやすく、女性の薄毛と差別化されています。

男性の場合でも全体的に薄くなる進行の仕方の場合は、生活習慣の乱れ、間違った頭皮ケアなどが関係していると考えられるでしょう。

いずれにしても男女との進行の仕方には違いがあり、特徴的なのは男性のAGAです。急激に進行しやすいAGAは、放置して治ることがないので注意が必要です。