薄毛になりにくい人の特徴や原因など薄毛豆知識をまとめてみました

薄毛になる部分によって原因が違う?

薄毛になる部分によって原因が違う?

薄毛になる部分は人によって異なります。では薄毛になる部分によって原因は異なるのでしょうか。

まず生え際の薄毛、いわゆるM字型です。これは日頃の生活習慣や加齢によるものになります。偏った食生活や睡眠不足など、男性が陥りやすい生活が原因となり、男性型脱毛症と言われています。

次につむじの薄毛ですが、基本的には生え際の原因と同じにはなります。さらに言えば、血行不良により元々毛細血管の少ないつむじに必要な栄養が行き届かない場合に進行してします。

このように原因はある程度はっきりしていますので、それにより対策を講じることができます。つむじの辺りはマッサージなどで血行不良を改善し、生え際に関しては生活習慣や睡眠の見直しが必要でしょう。

薄毛になりにくい人の特徴は?

薄毛になりにくい人の特徴は?

今は大丈夫でも突然やってくることがある薄毛の症状。予防方法があるなら是非それを守りたいものです。薄毛になりにくい人の特徴は、男性ホルモンが少なめで女性ホルモンが多い人が多いようです。

しかしこれは日常生活で改善できるものではありませんので、毎日自分でできることとして睡眠時間を長く、バランスよく適度に食べ、ストレスを溜めこまないことを心がけるようにしましょう。

健全な毎日を過ごすことで薄毛の危険は回避することができます。

喫煙やお酒の飲みすぎ、ファーストフードを食べることが多い、肉や油物を好んで食べて野菜の摂取量が少ないなど、不健康な生活をしている人は薄毛になりやすいので、生活態度を改めるようにしましょう。

太っている人は薄毛になりやすい?

太っている人は薄毛になりやすい?

昔から太っている人は薄毛になりやすいと言われてきましたが、これには根拠があるのです。太っている人は生活習慣病全般になりやすく、放置しておくと進行していきます。

生活習慣病の多くは血流に関係するものであり、血流がドロドロになる症状が多いです。脂質異常症、糖尿病、高血圧などは血流障害の原因となり、それによって毛母細胞への栄養供給を阻害してしまいます。

毛母細胞を元気にするためには、たくさんの栄養を送り届けていく必要があるので、血流はサラサラに維持することが大切です。

薄毛を解消するためにも、体重は適正値まで落としていく必要があるでしょう。体重を軽くすることで体脂肪が減少し、薄毛の原因を減らすことが可能です。